雨漏りの原因は?

一口に「雨漏り」と言っても原因はさまざま。もっとも多いのは「屋根(瓦)の壊れ・防水層の劣化・老朽化」によるものですが、「外壁のひび割れ」「ベランダ窓のサッシ廻りの隙間」なども雨が浸入する原因となります。また、住宅構造の内部が原因になることもあり、さらには一箇所ではなく複数箇所が原因の場合もあり、ひと目で雨漏りの原因を見極めるのは非常に困難です。

目に見える場所が原因とは限りません

目に見える場所が原因とは限りません

天井からポタポタと雨漏りしていると、天井の直上にある屋根からの雨漏りであると思いがちですが、実はそうとも限りません。他の箇所から雨水が浸入して屋根板を伝い老朽化した天井板の隙間から雨漏りする場合もありますし、屋根裏の外壁のひび割れから浸入して内壁を伝い天井板の隙間から雨漏りする場合もあるのです。

雨漏り修理は目に見える場所のみを修理すればいいというわけではありません。屋根、屋根裏、外壁、内壁など、家全体をみて原因を突き止め、原因となっているすべての箇所を修理する必要があるのです。

雨どいにも要注意

雨漏りは屋根や外壁などだけでなく「雨どい」が原因の場合もあります。老朽化により雨どいがひび割れていたり受け金具が腐食していたりすると、雨どいの破損部分から雨水が漏れて外壁を伝い雨漏りを起こしてしまうことがあるのです。雨どいが原因の雨漏りは、本体・受け金具の取り替え、受け金具の設置間隔の短縮で解消できます。比較的手軽にできる修理ですので、「雨どいが壊れている」「雨どいが雨漏りの原因かも」と思われている方は、一度ご相談ください。